Voice-Styleは運用テスト中です

【あら? こんなところに声優さんが… 第12回】あら、プラネタリウムから声優さんが……!?

みなさんは街中で「あれ、この声、聞いたことがある?」と思った経験はありますか? いつも私たちを楽しませてくれる声優さんたちは、実はアニメやゲーム以外にもさまざまな場所で活躍しています。
そこでこのコラムでは、アニメやゲームを追っているだけでは情報が入りにくい、声優さんのお仕事ぶりをピックアップしていこうと思います。
今回は、ある観光スポットにまつわる、声優さんの「あら、こんなところに……!?」なお仕事を紹介します。

スポンサーリンク

◇あのプラネタリウムに、声優さんが!
ゆったりと星々のまたたきを鑑賞するプラネタリウム。かつては星の移り変わりだけを見せるプログラムが多かったですが、現在では星や星座の説明、ストーリーのあるプログラムも増えており、ナレーションが不可欠になっています。そんなプラネタリウムにも、アニメやゲームで活躍する声優さんたちがナレーションを務めているものがあります。

□東京のど真ん中で星空を見ながら、声優さんの美声を堪能!
東京スカイツリーにあるコニカミノルタプラネタリウム“天空”では、今年2月から始まった新プログラム「天の川 アイランド・ヒーリング」のナレーションを福山潤さんが担当しています。

伊豆諸島のひとつ、青ヶ島から見える天の川の風景を再現した星々を見ながら聴く福山さんのナレーションは絶品です。

他にも池袋サンシャインシティにある、コニカミノルタプラネタリウム“満天”の『ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~』には、吉野裕行さんと梶裕貴さんが出演。オリジナルのストップモーションアニメを交えながら、ファンタジー仕立てのプログラムが楽しめます。

「天の川 アイランド・ヒーリング」は2017年10月1日まで、「ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~」は2017年5月21日までの上映を予定しています。

□癒しのプラネタリウムで
次に紹介するのは、東京・築地近くのプラネタリウム・タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)で上映中の「Seasons」というプログラム。
「ヒーリングプラネタリウム」と癒しを打ち出したシリーズで、第1作の「Seasons ~星の広がる高原~」のナレーションを田丸篤志さん、第2作の「Seasons II ~星降る水面~」のナレーションを斉藤壮馬さんが担当しています。

「ヒーリングプラネタリウム」の名に違わぬ、優しい声で語りかけてくれるふたりの声。現在この2作を両方鑑賞できるのはタイムドーム明石のみなので、気になる人はぜひチェックしてみてください(終了時期は未定)。

□プラネタリウムのお仕事は声優さん自身も注目!
人気声優さんとプラネタリウムとの関係は、意外と深いものになっています。
街のプラネタリウム施設だけではなく、家庭用のプラネタリウム「HOMESTAR earth theater」では、水樹奈々さんがナレーションを担当していたり、アニメ作品『planetarian ~ちいさなほしのゆめ~』とコラボしたプログラムが郡山市ふれあい科学館スペースパークで上映されたりと、そのアプローチもさまざま。

さらに声優さん自身もイベント制作に乗り出し、藤原啓治さんがプロデュースする「ほし×こえ」は、プラネタリウムと朗読劇を合体させた公演を定期的に開催しています。「ほし×こえ」は藤原さんをはじめ、大原さやかさん、石田彰さん、小野大輔さんら豪華声優陣が参加し、4~5月の公演では、津田健次郎さんと安元洋貴さんが出演予定。全国を周り、着実にファンを増やしているようです。

プラネタリウムのプログラムはたいていシーズンごとにプログラムが新しくなり、さらに人気を得たプログラムは全国の施設で上映されるケースもあるので、期間限定のレア感も楽しめる、また、新しいお仕事に接するチャンスが多い施設といえます。プラネタリウムで人気声優さんの声を聴く機会が、これからさらに増えてくるかもしれません!

関連サイト

スポンサーリンク