Voice-Styleは運用テスト中です

【ラジオフック第9回】阿澄佳奈さんがお昼のラジオに新風を吹かす?/森久保祥太郎さんの番組に来た浪川大輔さんが「神ボイス」でお悩み相談!?

4月ということで新しいラジオ番組が次々と始まっています。春期のアニメと併せてチェックするのが大変……という方も多いのではないでしょうか。
そんなこの季節、“日曜・お昼の地上波”に新たなアニメ・声優系のラジオが誕生しました。今回はまずそちらをご紹介!
 

スポンサーリンク

『A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!』
パーソナリティー:阿澄佳奈
ゲスト:井口裕香
配信元:文化放送
配信日:4月9日

4月9日から始まった、阿澄佳奈さんがメインパーソナリティーを務めるアニメソング・リクエスト番組。2時間の生放送で、阿澄さんにとってはこれが初のレギュラー生放送となります。
タイトルの『キミまち』には“キミ”からのリクエストを“まつ”という意味が込められており、古今東西のアニメソングをリスナーのリクエストをもとに届けていくスタイル。
初回は阿澄さん、週替わりアシスタントの青木佑磨さん(バンド「学園祭学園」メンバー、ライターなど)が中心となり番組を進行していきました。

初回は「『キミ』『まち』が入っている曲」をテーマにリクエストを募集。井上あずみ「君をのせて」、SMAP「君色思い」といった王道的なリクエストはもちろん、Base Ball Bear「ドラ“マチ”ック」、ドリーミング「アンパンマンの“マーチ”」といった変化球もかかりました。『ダンジョンに出会いを求めるのは間違(“まち”が)っているだろうか』の主題歌(井口裕香「Hey World」など幅広く寄せられ、Twitterの実況で「もはや大喜利!」という声も。

初回のゲストとして井口裕香さんも登場しました。井口さんも出番前から放送を聴いており、大好きな「君色思い」がかかって気分も高揚したそう。
井口さんは現在、生放送をふたつ(『こむちゃっとカウントダウン』と『井口裕香のむ~~~ん ⊂( ^ω^)⊃』)担当しているということで、生放送に関する思い出や心がけていることなどを話してくれました。経験は豊富ながらも、いまでも生放送が始まる瞬間、緊張するのだとか。

さらに「お昼」「地上波」という放送の効果か、50代の主婦からFAXが到着! ……と思いきや、阿澄佳奈さんと名前を間違えたのか「有村架純」さん宛の内容だった、というハプニングも発生。一筋縄ではいかないアニメソング番組だ……と感じさせる初回放送でした。
 

『ラジオ「ハンドシェイカー」~マキハラダヨ!全員集合!!』
パーソナリティー:森久保祥太郎
ゲスト:浪川大輔
配信元:アニメイトタイムズ
配信日:4月5日

続いて紹介するのは、森久保祥太郎さんによるアニメ『ハンドシェイカー』のラジオ番組。
1月から放送されていたTVアニメと同じタイミングで、ラジオも今回が最終回となりました。

ゲストには作中で「神」の声を担当している浪川大輔さんが登場。アニメの思い出、グッときたシーンなどを語り合うと、「何でも解決☆槇原研究所」(森久保さん演じるマキハラにちなむ)のコーナーでは、悩めるリスナーに森久保さんと浪川さんがアドバイスを贈りました。

「神」として登場している浪川さんは、夫のいびきがうるさいというお悩みに「我慢しかない!」、ソフトキャンディーを食べたら銀歯が取れて、また食べるのが怖いというお悩みに「(自分も)ガムかんでいるときに仮歯を飲み込んだ、銀歯も食べればいい!」など、どちらかというと力技で答えていきます。しかし途中で「好感度下がった……」と気づき、真面目な回答に切り替えていくのでした。

エンディングでは「“ハンドシェイカー”は手をつなぐことで相手の意思がわかる。おふたりも手をつないだらお互いの考えがわかる?」というおたよりを紹介。
浪川さんが「わかりますよ」と答えると、森久保さんとふたりで手をつなぎ、とあるお題に同じ答えを出せるかに挑戦。仲のいいふたりならではの展開となり、和やかなムードで番組は幕を閉じました。

 
今回は以上の2番組を紹介しました。
お昼のラジオとしてもアニメ・声優系のラジオとしても独自のカラーを発揮していた『キミまち』。これからどんな成長を遂げていくのか、大いに楽しみな存在です。

関連サイト

スポンサーリンク