Voice-Styleは運用テスト中です

【あら? こんなところに声優さんが… 第18回】あら、ゴールデンウィーク中のあちこちに声優さんが……!?

みなさんは街中で「あれ、この声、聞いたことがある?」と思った経験はありますか?
いつも私たちを楽しませてくれる声優さんたちは、実はアニメやゲーム以外にもさまざまな場所で活躍しています。
そこでこのコラムでは、アニメやゲームを追っているだけでは情報が入りにくい、声優さんのお仕事ぶりをピックアップしていこうと思います。
今回は少しアプローチを変えて、ことしのゴールデンウィーク中に聞くことができる声優さんの「あら、こんなところに」なお仕事をピックアップしていきましょう。

スポンサーリンク

◇博物館や美術館で聞けるイケメンボイス!
博物館や美術館の展示会で楽しめる「あら、こんなところに」なお仕事・音声ガイド。
連載の第1回でも紹介した、小さな音声端末をレンタルして、作品解説などの音声を聞きつつ展示を回るというサービスですが、もちろんゴールデンウィークの展示会にも声優さんの音声ガイドは実施されています。

◯森川智之さん/東京美術館
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
http://babel2017.jp/

◯若本規夫さん/東京藝術大学大学美術館
特別展 雪村-奇想の誕生
http://sesson2017.jp/

◯山寺宏一さん/日本科学未来館
ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》
http://da2017.jp/

◯中田譲治さん、大友龍三郎さん、石川英郎さん、小杉十郎太さん/米沢市上杉博物館
戦国時代展 ‐A Century of Dreams
http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/uesugi.htm

◯神谷浩史さん/福岡アジア美術館
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」
http://manga-9art.com/

◯三木眞一郎さん:福岡市博物館
日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展
http://www.pompei-yma.com/

落ち着いた場所なだけに、シブ声や低めのイケメン声が特徴的な声優さんが起用される傾向が多い音声ガイド。展示物に興味がなかったとしても、「声優さんきっかけ」で展示会に行ってみてはいかがでしょうか。声で癒されるとともに、新しい興味も生まれるかもしれません。

◇家にいるなら「あら、こんなところに」な動画をチェック!
「ゴールデンウィークは仕事で忙しい」「家に引きこもる予定だ!」という人には、ネットで視聴できる声優さんの最新「あら、こんなところに」仕事を見るのがオススメです。

◯「リス君の団地散歩♪【ヘッドフォン推奨】」
梶裕貴さんがリスに扮して、賃貸住宅を提供する国の機関・UR都市機構が所有するアパートを紹介する動画。耳元で話されているような感覚で、梶さんのやけに良い声パワーを発揮したリス演技が楽しめます。

◯「まあやお姉さんの今日もがんばれ♥」
http://www.tv-tokyo.co.jp/pirameki/gallery/maya/
内田真礼さんが子供番組「ピラメキーノ」で担当していた、ミニコーナーのアーカイブ。108回分の動画があるので、全て見ると半日ぐらいは過ぎてしまいます。
放送当時、内田さんはまだ新人だったためあまり注目されていませんでしたが、その「プロの仕事」に注目です。

◯「Real Grand ”WA” OsampO.」「妄想散歩」

連載の第13回で「声優と一緒に旅している感覚が楽しめる観光ビデオ」を紹介しましたが、この動画では小野賢章さんとの京都旅行が楽しめます。しかも「妄想散歩」は動画回転できる機能つきで、小野さんとデートしているリアル感も大。外出しない代わりに小野さんと「エア旅行」で満足するのもアリかも!?

◇究極のGWの過ごし方は「あら、こんなところに」探し!?
ゴールデンウィークにはアニメ・ゲーム関連のイベントが目白押しです。
声優さんが登場するイベントだけでも1日に20件以上。声優アーティストのライブや、徳島では「マチ★アソビ」、幕張では「ニコニコ超会議」といった大規模イベント行われるという、声優ファンにとってはまさに一番の繁忙期と言えるでしょう。

その中で、遠征中やイベントとイベントの合間などには意外と時間と空くもので、そんなときは「あら、こんなところに」な場所なお仕事を聞きに行くというのもひとつの選択ではないでしょうか。もしくはぶらり観光しているときに、超レアなお仕事を発見できるかもしれませんね。

スポンサーリンク