Voice-Styleは運用テスト中です

【ラジオフック第19回】野島裕史さん、潘めぐみさん、沢城千春さんが声優家族の「あるある」を語る/水樹奈々さんに「作詞の神様」を呼び寄せたのはまさかの……!?

このコラムをご覧の方は、6月17日に放送されたテレビ朝日系『あるある晩餐会』という番組をご覧になりましたか?
この日は声優特集として、野沢雅子さん、神谷明さん、森久保祥太郎さん、山谷祥生さん、三上枝織さんら、大ベテランから若手まで総勢10名の声優さんが出演。業界における様々な「あるある」が語られ、筆者もベテラン勢による重みを感じる「あるある」、最近の若手の方々が持つ悩みなどに聴き入っておりました。

スポンサーリンク

奇しくもその放送日、ラジオでも声優さんの「あるある」トークを聴ける番組が放送されていました。今回はまずそちらから!

『A&G TRIBAL RADIO エジソン』
パーソナリティー:花江夏樹、日高里菜
ゲスト:野島裕史、潘めぐみ、沢城千春、内田真礼
配信元:文化放送
配信日:6月17日(土)

こちらは花江夏樹さんと日高里菜さんがメインパーソナリティーを務める生放送のワイド番組。
今回は番組前半で、「家族に声優がいる声優」特集としてゲストに野島裕史さん(父が野島昭生さん、弟が野島健児さん)、潘めぐみさん(母が潘恵子さん)、沢城千春さん(姉が沢城みゆきさん)の3名が登場しました。

序盤から声優を家族に持つ者ならではの「あるある」トークが展開します。
声優の親を持つ野島さん、潘さんは、それぞれお父さん、お母さんと仕事の現場で一緒になった際、家族ではなく「先輩」として接するものなのだと気づいたといいます。
野島さんは「スタジオへ行ったら急に(父と)敬語で話すようになった」、潘さんは「(母を)『潘さん』って呼んでしまう」と語り、親が声優な仲間同士、深く共感している様子でした。
言葉づかいやアクセントなどについても、野島さんや潘さんは幼いころから教わっていたようです。

一方で沢城さんは、姉・みゆきさんから指導を受けるようなことはなく、例えば養成所の生徒時代、機材(キューランプ)について質問すると「先生に言って。私に聞いたらズルだよ」と、甘やかされはしなかったのだとか。

また、家族間のコミュニケーションの話題では、沢城さんから「父がスマートフォンを買ったのを機に、姉が家族のLINEグループを作った」という話が明かされます。
姉・みゆきさんが、離れて暮らす親御さんのため、その日に食べたものをグループに報告しているそう。仕事には厳しくありつつも、家族想いであるお姉さんの一面が窺えました。

また、番組後半には6月21日にニューシングル『+INTERSECT+』をリリースする内田真礼さんがゲストに登場。内田さんも弟の雄馬さんとともに声優を務めており、つい最近も姉弟でご飯に行った、お互い知らないことはほとんどないなど、距離の近さを感じる家族トークを聴かせてくれました。
声優の親を持つか、きょうだいを持つかで、また「あるある」も違ってくるのかもしれませんね。

 

『水樹奈々 スマイルギャング』
パーソナリティー:水樹奈々、福圓美里
配信元:文化放送
配信日:6月18日(日)

こちらは水樹奈々さん、福圓美里さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組。番組においては水樹さんが「ヘッド」、福圓さんが「副ヘッド」とも呼ばれています。

今回は冒頭、日常の出来事を語る「ヘッド!ステップ!ジャンプ!」のコーナーにて、水樹さんが「G、襲来!」と言い、イニシャルがGの、あの虫についてのエピソードを明かしました。

ある日の深夜、自宅で作詞の仕事をしていたという水樹さん。気分転換にハーブティーでも……と思いキッチンへ行ったところ、隅のほうでGが横切るのを見てしまったと言います。
「(殺虫剤の)“Gジェット”を撃たなければ!」と思った水樹さんですが、よりにもよって“Gジェット”が入っている引き出しにGがへばりついていたため、近づくことができません。

そこで水樹さんは「Gが平気」だという友人に電話し、助けを求めます。そして友人が到着するも、それを待つ間にGはキッチン内のどこかへ隠れてしまいました。
水樹さんと友人のふたりで「戸棚かコンロか……」と探していると、戸棚をパッと開けた瞬間にGが飛び出てきたそう。しかしそこから長期戦になることはなく、友人の手によりGは退治されました。
ふたりで固い握手を交わすと、水樹さんはその友人から、「これで作詞の神様が降りてきますよ」と言われたそう。

水樹さんいわく、以前「君よ叫べ」(2016年12月リリースの『NEOGENECREATION』収録曲)の作詞をしていたときも同じ友人に「出動」してもらい、その直後に歌詞が降りてきたのだとか。そして今回もGの退治から2時間ほど経ったときに歌詞が降りてきたそうです。
もちろん見たくないけど、創作活動中はGが出たほうがいいのかも……、という水樹さんに、「イヤなジンクスできちゃった!」とリアクションする福圓さんでした。

水樹さんは7月19日にニューシングル『Destiny’s Prelude』と『TESTAMENT』を2枚同時リリース。次回(6月25日)の放送では今回のGハプニングの中で歌詞が生まれた「TESTAMENT」がオンエアされるようです。ハプニングを想像しながら歌詞を聴くと、また違った気持ちになれるかも?

 

今回は家族について、Gについて語られた2番組を紹介しました。
Gが出るのは勘弁願いたいものの、危機感は活力の源となるので、もっと安全な「危機感の使者」がいればいいのに……と思うのはワガママでしょうか。

関連サイト

スポンサーリンク