Voice-Styleは運用テスト中です

田中真弓が出演! AbemaTVオリジナルドラマ『#声だけ天使』、第4話放送&第5話あらすじ公開

田中真弓が第4話にゲスト出演した、AbemaTVオリジナルドラマ『#声だけ天使』。また第5話のあらすじも公開されたぞ。

スポンサーリンク

“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の「AbemaSPECIAL」にて、2018年2月5日(月)夜10時に企画から脚本まで完全オリジナルの連続ドラマ第一弾『AbemaTV オリジナルドラマ進出記念作品#声だけ天使』の4話を放送いたしました。
本作は、アニメの聖地、池袋を舞台に、声優に憧れ上京してきた主人公・ケンゾウと同じ志を持つ4人の仲間の、友情と純愛、挫折と希望を描く青春群像劇。劇作家、演出家、劇団扉座の座長であり、「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」など、数々の舞台やドラマを手掛ける横内謙介氏が、「AbemaTV」のために書きおろした脚本でお送りします。

■それぞれの交錯する思いがせつなすぎる展開に・・! 感情移入が止まらない!?
4話ではさくらを傷つけてしまった罪悪感にさいなまれた茜は、事実をケンゾウに打ち明け、謝りたいと涙を流す。茜も他人に言えない闇を抱えていた。
自身の心の闇を指摘されたさくらは気持ちの整理がつかず、高校時代の友人・江津子に誘われていたライブペイントを断ってしまう。
そして、さくらはパーティで出会ったタカユキとも偶然再会を果たし、新しい一歩を踏み出そうと努めるが・・という回です。

視聴者からは「それぞれの思いがせつない!!」「感情移入しすぎて、見ながら一喜一憂が激しい(笑)」「まだ謎があってどんどんおもしろくなっている!」など、登場人物たちのそれぞれの思いがどんどん垣間見えてきたことで、共感する気持ちや今後の展開が気になってハマっているという感想が多く寄せられました。

■ゲスト声優に“ONE PIECE”のルフィ役田中真弓さんが登場! 登場シーンはまさかのラーメン屋!

4話のゲスト声優にはに“ONE PIECE”のモンキー・D・ルフィ役でおなじみの田中真弓さんが登場。主人公ケンゾウの親友シンジがバイトするラーメン屋の店員役として頭に黒いタオルを巻いた姿で登場しました。
「いらっしゃいませ~!!」と大きな声や、まさかの“滅びの言葉”も聞ける!?シーンでは、「このラーメン屋に行きたいのですがどこですか?」「店員さんいい声すぎるよ(笑)」「何度もこのシーンを見返したくなる!!」と視聴者はコメントやSNS上で盛り上がりをみせました。
なお、リアルタイムで番組を見逃した方はAbemaビデオから無料で見ることができますので、ぜひご覧ください。
 

『第4話 一歩前へ』
https://abema.tv/video/episode/90-875_s1_p204

『田中真弓さん 撮影風景とインタビュー動画』

■ドラマと同じ声のリクエスト体験がリアルでも出来る
本作品中に登場する主人公ケンゾウたちがユーザーのリクエストに声で応える「イケてるボイスサービス(仮)」が、現実世界でもアプリで体験することが出来ます。
毎週抽選で自分だけのリクエストに誰かにリクエストにイケボイメンバーが答えてくれるキャンペーンも開催中です。
<iPhone>
https://abe.ma/2FBPh8Z
<Android>
https://abe.ma/2B1E8e9

■「第4話 一歩前へ」あらすじ
罪悪感にさいなまれた茜は、さくらを傷つけてしまった事実をケンゾウに打ち明け、謝りたいと涙を流す。茜も他人に言えない闇を抱えていたのだ。
自身の心の闇を指摘されたさくらは気持ちの整理がつかず、高校時代の友人・江津子に誘われていたライブペイントを断ってしまう。
理由を聞いても答えないさくらに、「あんなに描くのが好きだったのになんで」と食い下がる江津子。
回想されるさくらの高校時代。
さくらは何故、描けなくなったのか……。
また、さくらはパーティで出会ったタカユキとも偶然再会を果たすが……
ケンゾウの声に励まされたさくらは、自分を変えるための一歩を踏み出すことができるのだろうか──。
  

■次週2月12日(月)放送「第5話 僕たちの使命」
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/D8cQDDs6nsbNUX
思いがけずさくらの恋を後押しするハメになり、すっかり意気消沈してしまったケンゾウ。一方、シンジもまた、せっかく始めたバイトをすぐに辞めてしまい荒み切っていた。何をやってもうまくいかず、互いの傷をなめ合う二人。
そんな時、自分の可能性を広げようとアイドル路線に転向した茜の姿を見て、いよいよ焦りを募らせた二人は、シンジ行きつけの逃避場所に赴く。そこは、病める現代人の憩いの場。思い思いのコスプレに身を包み、いつもの自分を忘れて時間を過ごす、一種歪んだ空間だった。
しかし、そこで思わぬヒントを得たケンゾウは、今一度まごころ王子の存在意義に立ち返り、さくらのために何ができるかを模索する。そんなケンゾウに触発され、シンジもまた茜のために一肌脱ぐことを決意するのだが……。

関連サイト