津田健次郎、花江夏樹、伊丸岡篤、島﨑信長が出演! アニメ『博多豚骨ラーメンズ』、追加キャスト&キャラクター発表

津田健次郎、花江夏樹、伊丸岡篤、島﨑信長らが追加キャストとして発表された、アニメ『博多豚骨ラーメンズ』。第5話から登場するぞ。

現在、好評放送中のTVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」の新キャラクター4名と新キャストの情報を解禁いたしました。
TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」は、第20回電撃大賞の小説部門で《大賞》受賞した木崎ちあき氏による人気小説のアニメ化。ストーリーは、人口の3%が殺し屋の街・博多を舞台に、裏稼業の男たちの物語を描いたハードボイルドな群像劇シリーズとなっています。

第1~4話では、女装の殺し屋・林憲明を中心に描いたエピソードが完結しました。2月9日(金)から放送となった第5話以降では、北九州の殺し屋・猿渡俊助の博多上陸をきっかけに巻き起こる事件を巡る、新たなエピソードが展開されます。
この度は、第5話以降に登場する、新たな殺し屋4名のビジュアルと新キャストの情報が解禁となりました。

【チェガル(CV:津田健次郎)】
サイバーテロ組織【.mmm】(読み:エムスリー)の刺客。
多国籍マフィアの一員で、海外駐在工作員。シヴァと井良沢をまとめるリーダー。

【シヴァ(CV:花江夏樹)】
世界一の技術を持つ壊し屋(読み:クラッカー)。
サイバーテロ組織に協力する世界一のクラッキング技術を持つハッカー。

【井良沢(読み:いらさわ)(CV:伊丸岡篤)】
元ボクサーの殺人鬼。
人を殴ることで快感を得るボクサー崩れの殺し屋。

【緋狼(読み:フェイラン)(CV:島﨑信長)】
ともに地獄を生きぬいた林の元相棒。
大陸からやってきた殺し屋。林と浅からぬ因縁を持つ。

新たな殺し屋たちの登場は、博多の街をさらなる混沌へと導くのか――、今後の展開にぜひご注目下さい。