井上麻里奈演じる「素子」再び! 渋谷マルイ、「罵倒少女×○I○I AI(人工知能)に罵倒される春休み」3月23日から開催

井上麻里奈が演じる「素子」に罵倒される、渋谷マルイのキャンペーン「罵倒少女×○I○I AI(人工知能)に罵倒される春休み~おいおい、誰が望んでるんだよ~」が3月23日から開催される。特設サイトで対話型AI「罵倒少女:素子」と会話を楽しめるほか、渋谷マルイのイベントスペースにてグッズ販売などが行われる。

丸井グループとソニー・ミュージックエンタテインメント(以下SME)は渋谷マルイにて、AIキャラクターを活用した春休みキャンペーン「罵倒少女×○I○I AI(人工知能)に罵倒される春休み~おいおい、誰が望んでるんだよ~」を開催します。

本キャンペーンは、3月23日~4月8日の期間に実施され、期間中に開設される特設サイトにおいて、SMEとIMAY(※1)とAisii(※2)が共同で実施している対話型AIサービス[PROJECT Samantha]によってAI化された「罵倒少女:素子(もとこ)」との会話(おもに罵倒)を楽しむことができます。

特設サイト:http://www.0101.co.jp/bato
 

《イベント概要》
開催期間:3月23日(金)~4月8日(日)
開催場所:渋谷マルイ 8F イベントスペース
営業時間:11:00~21:00

▼渋谷マルイHP:https://www.0101.co.jp/013/

対話型AI「罵倒少女:素子」は、2016年夏にβ版としてイラストコミュニケーションサービス「pixiv」上で期間限定公開され、大きな話題を呼んだAIサービス。
12日間の期間中、27万人のユーザーが、730万回の会話(おもに罵倒)を体験し、ピーク時には270bps(bato per second)を記録。サービス終了直後から”素子ロス”と呼ばれるユーザーがネット上に多数登場しました。
2017年には、夏野剛氏が審査員長を務める「第1回アニものづくりアワード」でオリジナルコンテンツ部門金賞を受賞しています。

今回、丸井グループとのタッグで復活することとなった対話型AI「罵倒少女:素子」。キャラクターボイスは、前作に引き続き『図書館戦争』(笠原郁)や『進撃の巨人』(アルミン・アルレルト)の人気声優・井上麻里奈さんが担当いたします。

本キャンペーン期間中は、渋谷マルイ 8Fのイベントスペースにてオリジナルグッズを販売するほか、「世界一罵倒されるインスタ映えスポット」と称しフォトスポットも設置。3月23日(金)の初日には、渋谷モディのビジョンでも「罵倒少女×○I○I」ティザー動画が放映されます。

■罵倒少女について
カイカイキキに所属するクリエイターmebae氏によるオリジナルコンテンツで、黒髪の美少女「素子」がさまざまなシチュエーションで罵倒するというキャラクター。ハッシュタグ「#罵倒少女」と共に投稿されるイラストはTwitterやpixivで話題を呼び、2016年には株式会社KADOKAWAより書籍化されている。

KADOKAWA電撃コミックWEB「罵倒少女」特設サイト:http://dc.dengeki.com/sp/bato-shojo/

■[PROJECT Samantha]について
[PROJECT Samantha]は人格データをAI化することにより、さまざまなサービスシステム内で、コミック、アニメ、ノベルズなどに登場するキャラクターたちとの会話コミュニケーションを実現するもの。最新の自然言語理解システム(NLU)と機械学習(NLP)をハイブリッド化した 知識駆動型(Knowledge-Driven)AIエンジン『K-laei』を使用し、数百億パターンの感情、感性などを記憶した大規模知識(GAIA,URANUS)と、言語理解エンジン群(Semantic Substance Sampler)より構築されている。ユーザーの意図を推論したり、対話の状況から動的に感情が変化するなど、利用者との対話から学習・進化していく。

※1 IMAY(アイメイ)について
Intelligent Machines Amaze You株式会社の略称。K-laeiのライセンスと高度RPAの企画・開発を行う。

※2 Aisiiについて
Aisii株式会社。Attractive Computer Communication事業の創出と、それに関連する対話型ロボット(コンテンツ)の企画・開発、および対話ロボットとのコミュニケーションPFの運用を行う。

関連サイト