【ラジオフック第57回】丹下桜さん、くまいもとこさんのトークはまるで桜と小狼/梅原裕一郎さんが西山宏太朗さんに危険な質問ラッシュ?

ラジオ番組のゲストといっても、もともとパーソナリティーと仲がいい場合は、まるでレギュラー放送かのように話が弾むこともあります。今回はそんな仲良しのゲストが登場した番組と、レギュラーパーソナリティーをあえてゲスト扱いするという企画を行った番組を紹介します。

『丹下桜のRADIO・A・La・Mode』
パーソナリティー:丹下桜
ゲスト:くまいもとこ
配信元:超!A&G+
配信日:3月25日(日)

こちらは丹下桜さんがパーソナリティーを務める番組。今回はゲストにくまいもとこさんが登場しました。ふたりといえば『カードキャプターさくら』シリーズでの共演(丹下さんが木之本桜役、くまいさんが李小狼役)が有名。この放送でもそれにちなんだ話が多数飛び出しました。

丹下さんがくまいさんについて「声がそのまま小狼くん。もう『すべて』というぐらいイコール」と、あらゆる面でくまいさんと小狼がピッタリだと絶賛すれば、くまいさんも「そっくりお返ししますよ」と丹下さんを褒め返します。20年前に始まった初期シリーズから、現在放送されている「クリアカード編」でも共演中のふたりなだけあって、ラジオでの掛け合いも見事。聴いていても「桜と小狼がしゃべっているよう」と感じるほどでした。

そして今年のバレンタインに丹下さんからくまいさんにチョコを渡し、ホワイトデーにはくまいさんが、そのお返しにと丹下さんにパンケーキをご馳走したという話へ。そのパンケーキを食べたあとに移動した喫茶店で、くまいさんがグリーンスムージーを注文。ふたりでその味について話していたところ、くまいさんが「飲んでみる?」と、グリーンスムージーをナチュラルに差し出したといいます。

それを同じストローで飲むことを想像した丹下さんは「私の中の桃矢お兄ちゃん(木之本桜の兄)が『待て!』と止めた」と言い、とっさに別の話題に切り替えたそう。飲むのがイヤだったのではなく、心の準備ができていなかったからと。女性同士だから問題ないといいつつ、くまいさんだとどうしても意識してしまうという丹下さんでした。
 

『宏太朗と裕一郎 ひょろっと男子』
パーソナリティー:西山宏太朗、梅原裕一郎
配信元:文化放送
配信日:3月25日(日)

西山宏太朗さんと梅原裕一郎さんによるラジオ番組。4月以降も続くことが決定しており、今回はそれにちなんだ企画が行われました。

毎月変わるテーマにふたりが挑む「ひょろっとマンスリーテーマ」のコーナーで、今月は「改編前にパーソナリティー力を鍛えよう」という企画を実施中。この週は「ゲストとのトークスキルを身につけよう」という趣旨で行われることに。西山さんは他番組でゲスト対応を多く経験しているため、梅原さんが「梅原裕一郎のうめうめナイト」という番組に西山さんを迎える、という設定で進められました。

「うめうめナイト」パーソナリティーとしてゲストの西山さんに話しかける梅原さん。「西山さんはお仕事が声優のようで……7年やっていてまだ『新人』なんですか?」と、のっけからゲスト対応というよりは「西山さんいじり」に舵を切っていきます。その後も「一番楽しい仕事は?」「やりたくない仕事は?」「やっていて苦痛な仕事は?」などの答えづらい質問のラッシュを続け、西山さんも苦笑い。

「好きな先輩は? 嫌いな先輩でも……」と畳みかけられると、西山さんは「嫌いな先輩はいない(笑)……なんなら今、ちょっと嫌いになりそうな同期(梅原さん)はいる」と返答。「楽しんでいただけましたか?」と締めの質問をされると「不愉快(笑)」と答え、西山さんがいじり倒されるオチに。トークスキルの練習ではなくなっていましたが、このふたりの距離感だからこそできるやりとりはずっと聴いていたい楽しさでした。
 

今回の番組紹介は以上です。『丹下桜のRADIO・A・La・Mode』を聴いても、メインパーソナリティーの普段では知れない一面を引き出してくれることがあるので、気心知れたゲストのいる放送というのはいいな、と思いました。