竹達彩奈、今村彩夏らが出演! ポニーキャニオン、AnimeJapan 2018ブースイベントダイジェスト

竹達彩奈、今村彩夏、寺島惇太、山谷祥生らが出演した、AnimeJapan 2018でのポニーキャニオンブースにてイベントが開催された。ダイジェストが到着したぞ。

2018年3月24日(土)、25日(日)に、東京ビッグサイトにて開催された世界最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2018』。
そのポニーキャニオンブースでは、同社が提供するアニメ・ゲーム作品のキャスト陣を迎えてのステージイベントが開催された。

今年のステージイベントは、両日共に『ぽにきゃんクリニック』と題した診療系バラエティステージを開催。
初日となる24日(土)には、「だがしかし2/たくのみ。」「アニドルカラーズ」「怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~」「美男高校地球防衛部HAPPY KISS!」「A3!」「Caligula -カリギュラ-」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」といった7つのステージイベントを展開。
2日目となる25日(日)には、「あさがおと加瀬さん。」「Re:ステージ!」「サンリオ男子」「ニル・アドミラリの天秤」「フレームアームズ・ガール」「RELEASE THE SPYCE」「ダイヤのA」といった7つのステージイベントを展開。ステージのMCはすべて橘えみりが担当した。

『ぽにきゃんクリニック』ということで、作品に関するトークとは別に、“診断”と称して「心理テスト」を実施。出演者が回答を書いた色紙は、抽選で来場者にプレゼントされた。ここでは各トークイベントの模様をダイジェストで紹介していこう。

「AnimeJapan 2018」ぽにきゃんブース ■1日目■

【だがしかし2/たくのみ。】
 
イベントの先陣を切ったのは、2018年1月からTBSほかにて放送されたTVアニメ『だがしかし2』と『たくのみ。』のコラボステージ。
『だがしかし2』からは枝垂ほたる役の竹達彩奈、『たくのみ。』からは天月みちる役の今村彩夏が登壇した。

少し緊張しているという今村だが、お酒を飲みながらのイベントが多い『たくのみ。』だけに、「今日はお酒を飲んでいないから緊張しているのかな」と苦笑い。

また竹達は自身が演じる枝垂ほたるについて、年齢不詳で、大人なのか未成年なのかわからないという。これまで18~19歳くらいだと思って演じていたが、もしかしたら成人しているかもしれないという疑惑もあり、2期目にしてキャラ設定を間違えたのではないかと思いだし、こちらも苦笑いを浮かべる。
なお、『たくのみ。』にほたるがゲスト出演した話題では、「私は(『だがしかし2』に)行っていない」と不満を口にする今村だった。

「心理テスト」のコーナーでは、「どんなタイプの癒やしを求めているか」を診断。竹達、今村ともに「守られる癒やし」という結果になり、「守ってくれるなら守られたい」と声を揃えていた。

【アニドルカラーズ】
 
アニマルアイドル育成ゲーム『アニドルカラーズ』からは、走り出したら止まらないワンコ系男子・朝日悠希役の寺島惇太と、初心な天才肌ツンツン系男子・夏月斗羽役の山谷祥生が登場。

山谷の登壇が遅れ、一人ステージに姿を見せた寺島は、ヒョウ(夏月斗羽)のぬいぐるみを山谷に見立てて一人芝居で会場を沸かせる。

山谷が合流後はゲームやキャラクターを紹介。2人が所属するユニット「7Colors」が芸能界に進出してアイドル活動をすることになる2部(2018年春の配信予定)では、フルボイス仕様になるとのことなので、こちらも注目しておきたい。
なお、2部はシリアスなシーンも多く、収録ではかなりカロリーを使うという裏話も披露された。

さらに、「7Colors」の新曲タイトルが「Original Colors」となることを発表。こちらは明るくキャッチーで、思わず口ずさむような楽曲とのことなので、公開されるのを楽しみに待ちたい。

「ナルシスト度がわかる」という「心理テスト」では、揃って「極めて普通の人」という結果に、「タレントとしては致命的」と落ち込む2人だった。

【怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~】
 
2018年1月から第2期の放送がスタートしたTVアニメ『怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~』からは、アギラ役の飯田里穂、ガッツ星人役の松田利冴、そしてもう1人のガッツ星人役の松田颯水がステージに。

2期になってさらにパワーアップしたという本作は、約3分のショートアニメなのに、さらにショートアニメ「おしエレおしえてエレキング先輩」がくっついており、短いながらも非常に濃い内容になっているとアピールする3人。
第1期では、他人とコミュニケーションが取れなかったアギラが、第2期ではとてもよく喋るし大活躍しているという飯田。なお、第1期の際は、監督からも「コミュ障」のように演じてくれとリクエストされていたというエピソードを披露した。

最後の告知コーナーでは、新作アニメーション『怪獣娘 黒(ブラック)』の制作決定が発表され、さらに円谷プロ繋がりということで、2018年秋の放送予定となっている『SSSS.GRIDMAN』のPVが公開された。

【美男高校地球防衛部HAPPY KISS!】
 
2018年4月からの放送開始が予定されているTVアニメ『美男高校地球防衛部HAPPY KISS!』からは、修善寺鏡太郎役の下鶴直幸、霧島龍馬役の小俣凌雅、和倉七緒役の石井孝英、万座太子役の安田陸矢、道後一六役の葉山翔太の5名が登場。
『HAPPY KISS!』としては初のイベント登場ということもあって、ステージに上がると、投げキッスのサービスや初イベントの喜びの気持ちを込めた自己紹介で会場を沸かせた。

それぞれが演じるキャラクターを紹介する際、和倉七緒について石井が「人、特に霧島をいじるのが大好きなキャラクター」だと紹介すると、石井本人はみんなからいじられているというエピソードが暴露された。
また、道後一六を演じる葉山は、道後の影響を受けて、だんだん直感に頼るようになってしまっていると自らを振り返った。

告知コーナーでは、放送情報や主題歌、イベントなどの情報に加え、キャラクターソングCDの発売決定を発表。最後は「意外な一面がわかる」心理テストで盛り上がるなど、初イベントながらもチームワークの良さを感じさせた。

【A3!】
 
イケメン役者育成ゲーム『A3!』からは、秋組のリーダー・摂津万里役の沢城千春と、第二部より秋組に加入する新キャラクター・泉田莇役を演じる小西成弥の2人が登壇した。

MCから、“心を癒やされるもの”を聞かれ、「インスタグラムで子犬の動画を観ること」と答える小西に対して、「そんな小西君に癒やされています」と沢城が返すなど、軽妙な掛け合いで会場を沸かせる2人。
本作が演劇をテーマにしており、2人とも舞台経験があるということで、沢城は小劇場出身ならではのエピソードを披露。また、本格的な声優業は初めてという小西は収録時の苦労を語った。

また、沢城と小西の2人で歌っている秋組の第四回公演曲については、まだ未公開のため詳しくは言えないと前置きしながらも、とにかくカッコいいとアピールする。
「心理テスト」では、「目標に一途に突き進むタイプ」(小西)、「一歩引いて客観的に見られるタイプ」(沢城)という、互いに納得の結果に笑顔を浮かべる2人。

最後には、第二部より登場した新キャラクター4人による6月20日発売のCDのタイトルが「GOLDEN ENCORE!」、ユニット名が「BRBRookies!」(ぶるぶるーきーず)であることが発表され、客席からは大きな歓声が上がった。

【Caligula -カリギュラ-】
 
2018年4月よりTOKYO MXほかにて放送開始となるTVアニメ『Caligula -カリギュラ-』からは、主人公・式島律役の沢城千春、μ役の上田麗奈、アリア役の下田麻美が登場した。

作品やキャラクター紹介に続いてPVが上映されると、「何回も観てしまう」と声を揃える3人。「良いスピーカーで聞きたい」と上田が語ったように、音楽面には非常に力が入っており、「音楽もキーになっているので、ぜひ注目してほしい」と沢城もコメント。

“愛のために何を犠牲にできるか”という「心理テスト」では、「駆け落ちも辞さない」という結果になった上田と下田。「そうかもしれない」という上田に対し、下田は「両親が悲しむ顔を考えたら駆け落ちはできない!」と反論していた。

沢城と武内駿輔(佐竹笙悟役)が歌うオープニングテーマ「パラダイムボックス」を使用したCM映像の上映に続いて、音楽情報を公開。
オープニングテーマのカップリングには、式島律(cv.沢城千春)のソロ曲やエンディングテーマのカップリングには、アリア(cv. 下田麻美)のソロ曲がそれぞれ収録されることにくわえて、μのアルバムや挿入歌CDがリリースされることなどが発表された。

【少女☆歌劇 レヴュースタァライト】
 
2018年夏からの放送開始が予定されている、TVアニメ『少女☆歌劇レヴュースタァライト』からは、愛城華恋役の小山百代、神楽ひかり役の三森すずこ、露崎まひる役の岩田陽葵、大場なな役の小泉萌香の4人が登場した。

ミュージカルとアニメーションが相互でリンクして展開する新感覚エンターテイメントとして、すでにミュージカルの公演がスタートしている本作だが、ミュージカルとアニメでは違いが多いと語り、アフレコでわからないところはすべて三森に頼るという小山、岩田、小泉の3人。
休憩中はいつも三森待ちになるとのことで、三森も「コーチのようになっています」と笑顔を見せる。

自身が演じるキャラクターと似ているところについて聞かれて、まったく似ていないという小山は「逆に華恋ちゃんのようになりたいと思って演じています」。
一方、「根っからの明るい人間なのに、最近はひかりのようにミステリアスな役が多い」という三森は、自分の中にミステリアスな部分があるのではないかと思いながら演じていると語った。

そして最後に、本作の放送情報も公開され、2018年7月よりTBS、BS-TBSほかにて放送されることが発表された。

「AnimeJapan 2018」ぽにきゃんブース ■2日目■

【あさがおと加瀬さん。】
 
2018年6月9日(土)に新宿バルト9・池袋HUMAXシネマズほかにて、期間限定で公開されるOVA『あさがおと加瀬さん。』からは、山田結衣役の高橋未奈美、加瀬友香役の佐倉綾音、そして三河役の木戸衣吹が登場。朝一のステージから多くのファンが集まり歓声を送った。

高橋と自身が演じる山田の性格が似ているかどうかという問いかけに、高橋との共演経験がある木戸は「全然似ていない!」と即答。山田が控えめな性格なのに対して、高橋は前に出るタイプということで、共演経験がほとんどなかった佐倉は、高橋に対する最初の印象について「声優業界にたまにいる喋らないと死んでしまうタイプ」だったと告白する。

一方、陸上部のエースで人気者の加瀬さんと佐倉の共通点という話題でも、「さすがにこれはないです」と即答する佐倉。高橋が「頼りになるところは似ている」とフォローするも、「頼りになったことある?」と否定する佐倉だったが、木戸は「キャラ絵を見た瞬間に佐倉さんだと思った」と見た目が似ていることを力説していた。

そのほか、本作の主題歌は、「明日への扉」のキャラソンカバーとなるが、作中で山田と加瀬さんは音痴という設定のため、レコーディングの際にどのように歌おうか悩んだなど、作中秘話盛りだくさんのトークステージとなった。

【Re:ステージ!】
 
思考型リズムアクションゲーム『Re:ステージ!プリズムステップ』を配信中の、夢を追いかける女子中学生のストーリーを描く『Re:ステージ!』からは、式宮舞菜役の牧野天音、月坂紗由役の鬼頭明里、市杵島瑞葉役の田澤茉純の3人が登場。

『Re:ステージ!』では、18人のキャラクター人のキャラクターが5つのユニットに所属するが、自分たちのユニット「KiRaRe(キラリ)」以外で気になるユニットについて、牧野は2人組のアイドルユニットが好きなので「オルタンシア」、鬼頭はアップテンポな曲やロックな曲が好きなので「Tetrarkhia(テトラルキア)」、田澤は曲調がアイドルっぽくないところが好きだという「TROIS ANGES(トロワアンジュ)」の名前を挙げた。

心理テストでは、友人に対する思いをチェックしたが、今回はKiRaReの中の相方となるメンバー、牧野は鬼頭、鬼頭は牧野、田澤は空見ゆき(長谷川みい役)を想定して回答したところ、それぞれ「”尊敬”して頼りにしている相手」「”刺激”を与え合うよきライバル」といったポジティブな結果になり、満足気な表情を浮かべる3人だった。

【サンリオ男子】
 
2018年1月から放送開始となり、ついに最終回を迎えたTVアニメ『サンリオ男子』からは、吉野俊介役の大須賀純、西宮諒役の花倉洸幸、源誠一郎役の内田雄馬が登場。さらにスペシャルゲストとして「ハローキティ」が登場し、会場だけでなく出演者のテンションも大きくアップした。

最終話の放送直後ということもあり、あらためて印象に残ったシーンについてトーク。サンリオピューロランドに行くシーンでは、実際に訪れた時の記憶のままに収録に臨めたとのことで、「本当に5人がピューロランドにいる雰囲気で楽しく演じることができた」(内田)。

「意外な一面がわかる」心理テストでは、大須賀が「四六時中“スキだらけ”タイプ」、花倉と内田が「目先のことで精一杯タイプ」となり、「ちょっと当たっているのが悔しい」と素直に悔しがる3人だった。

残念ながらアニメの放送は最終回を迎えたが、最後には「舞台化決定」を発表。今後の展開にも注目しておきたい。

【ニル・アドミラリの天秤】
 
2018年4月からTOKYO MXほかにて放送開始となるTVアニメ『ニル・アドミラリの天秤』からは、尾崎隼人役の梶裕貴と鴻上滉役の岡本信彦がステージに。さらに、ブース全体の呼び込みで、エンディングテーマ「Black Thunder」を歌う下野紘が、声優アーティストとして、ステージに登場した。

まずは本作のPVを上映し、梶と岡本が演じるキャラクターを紹介。梶が演じる尾崎隼人は、帝国図書情報資産管理局(フクロウ)のリーダー的存在で、「男らしくてカッコいい魅力的なキャラクター」(梶)、岡本が演じる鴻上滉は、クールで何を考えているかわからない男で、「どんな謎を持っているのか楽しみにしてほしい」(岡本)。

「意外な一面がわかる」心理テストでは、5つの選択肢「妻」「婿養子」「愛人の娘であると同時に家政婦の女」「次男」「屋敷の座敷牢にいた男」を下野がひとりで演じ分けるなど大盛り上がり。気心の知れた3人ということで、楽しく脱線を繰り返しながらも、最後はエンディングテーマ「Black Thunder」が流れる中、あらためて作品に対する意気込みが語られた。

【フレームアームズ・ガール】
 
2017年4月~6月に放送されたTVアニメ『フレームアームズ・ガール』からは、轟雷役の佳穂成美とフレズヴェルク役の阿部里果の2人が登場。
『フレームアームズ・ガール』では久しぶりのイベントということで、やや緊張しながらも、あらためて作品やキャラクターについて紹介。さらに、全12話を収録したBlu-ray BOXが発売されたばかりということで、そのパッケージなども紹介された。

「ミエっぱり度」がわかる心理テストや「上昇志向」と「出世度」をはかる「お絵かきテスト」で会場を盛り上げた。

そして最後に、スペシャル映像が上映されたが、その中で、“アニメ「フレームアームズ・ガール」続編製作決定”を発表。
予期せぬサプライズに、大歓喜の佳穂と阿部は、来場したファンとも喜びを分かちあった。

【RELEASE THE SPYCE】
 
2018年10月からの放送開始が予定されているTVアニメ『RELEASE THE SPYCE(リリース ザスパイス)』からは、源モモ役の安齋由香里、相模楓役の藤田茜、石川五恵役ののぐちゆりの3人がステージに登場。今回のステージが、本作では初のイベントとなった。

『結城友奈は勇者である』のタカヒロと『ゆるゆり』のなもりがタッグを組んだオリジナルアニメーションとなる本作のテーマは、女子高生×スパイアクションコメディ。出演者によって、ストーリーやキャラクターの相関などが紹介され、キービジュアルも初公開された。

さらに今回ステージに登場した3人が、「ピリペッパーズ」としてユニット活動を行うことが決定。宣伝活動はもちろん、音楽活動も予定されており、PVにも使用されているキャラクターソング「SPICY THE LIFE」が6月20日にリリースされることが発表された。

10月からの放送開始ということでまだまだ謎の多い本作だが、今後の展開に期待の高まるステージとなった。

【ダイヤのA】
 
AnimeJapanにおけるポニーキャニオンブースの大トリと言えば『ダイヤのA』。今年は、沢村栄純役の逢坂良太と御幸一也役の櫻井孝宏が、青道高校のユニフォームを羽織って登場する。イベント冒頭、少しテンション低めに話しているように見えた2人。すると突然「やる気がないなら代わってよ」という小湊春市の名台詞とともに花江夏樹がステージに。急遽出演が決まった花江のサプライズ登場に、会場のファンからは大きな歓声が上がった。

3月21日にファーストシーズンの前半40話とOAD2本を収録したBlu-ray BOXⅠが発売されたこともあり、あらためて最初の出会いなどを振り返る3人。さらに、同時発売となったベストアルバムや2月に開催されたイベント「ダイヤのA The ORCHESTRA」についてのトークも繰り広げられた。

アニメ放送はいったん休止中の本作だが、11月25日に「オールスターゲームⅢ」が開催されるほか、5月26日、27日には福岡ソフトバンクホークス、6月24日には東北楽天イーグルズ、9月2日には阪神タイガースとの球団コラボが決定しているなど、さまざまな展開が予定されているので、こちらもチェックしておきたい。

<AnimeJapan 2018ポニーキャニオンブース公式HP>