【ラジオフック第59回】土岐隼一さんが念願叶って九尾の狐に/大野柚布子さんの目標とする先輩とは?

新生活、新社会人、新番組……。4月は何かと「新」という字に縁がありますね。ラジオでも新作アニメの番組が始まったり、一方で新たに先輩となった声優さんのトークが飛び出したりしていました。

『ラジオ かくりよの宿飯 ~あやかしお宿でおしゃべりします~』
パーソナリティー:土岐隼一
配信元:音泉
配信日:4月5日(木)

こちらは4月から放送中のアニメ『かくりよの宿飯』のラジオ番組。パーソナリティーは土岐隼一さん(銀二役)で、先行上映会・「AnimeJapan 2018」のステージイベント・アニメ開始前のニコ生特番でも司会を務めてきました。

今回の配信は『かくりよの宿飯』の第1話が放送されたあとのタイミング。土岐さんは第1話の収録ではすごく緊張した、しかし中心人物を演じる東山奈央さん(津場木葵役)、小西克幸さん(大旦那役)らがとてもやさしく、アフレコ現場も和やかだったと振り返ります。いまも収録が進んでいるので、その様子も話題にできれば、と語っていました。

作品内では土岐さんの演じる九尾の狐を含め、鬼神や土蜘蛛など様々な「あやかし」(妖怪)が登場します。それにちなんで、おたよりゾーンでは「好きな『あやかし』は?」というメールを紹介。これに対し、土岐さんは小さなころから妖怪に限らず、バンパイアや『フランケンシュタイン』の怪物など、異世界のキャラクターが好きだったと答え始めます。

中でも九尾の狐はどのマンガやアニメでも魅力的だったと言い、オーディション時も「なって(演じて)みたい」と強く思っていたようです。それだけにこの役を「こよなく愛していこうと思っています」と意気込んでいました。それだけ強い気持ちを抱いた、土岐さんの演技にも注目していきたいものです。
 

『らじお 此花亭へようこそ』
パーソナリティー:大野柚布子、秦佐和子
配信元:音泉
配信日:4月6日(金)

こちらは2017年10月から12月まで放送されていた、『このはな綺譚』のラジオ番組。パーソナリティーは 大野柚布子さん(柚役)、秦佐和子さん(皐役)です。

オープニングでは、この時季らしく新年度の話題に。昨年の4月に事務所(マウスプロモーション)所属となった大野さんにも、この春から後輩ができました。

秦さんから「どう接したい?」と聞かれると「後輩ちゃんなので、アメとかあげて……」と、ほんわかしたトーンで語る大野さん。初々しいまま先輩となる様子に、秦さんも不思議な感覚を覚えたようです。

大野さんは目標として「五十嵐さんみたいな先輩になりたい」と、事務所の先輩・五十嵐裕美さんの名を挙げていました。そうなっていくか気になりますし、今後できるであろう後輩とのエピソードも聴いてみたいですね。
 

今回の番組紹介は以上です。「新人」な方も「先輩」になった方も、ラジオを聴いて活力チャージしていきましょう!