【ラジオフック第61回】西山宏太朗さんがピアノと向き合う大切な時間/優木かなさんも感涙の『ウマ娘 プリティーダービー』

「何かを始めるのに遅すぎるということはない」という言葉があります。歳を重ねれば重ねるほど「本当にそうか?」と疑いそうになりますが、「この人が言うなら新たなチャレンジも悪くないかも……」と感じられるトークがありました。今回はまずそんな番組から。

『西山宏太朗と土師亜文と米内佑希のハピラジ!』
パーソナリティー:西山宏太朗、土師亜文、米内佑希
配信元:ハピラジ!
配信日:4月21日(土)

西山宏太朗さん、土師亜文さん、米内佑希さんによるラジオ番組。声優、アイドルらによるコンテンツ「ハピラジ!」の中のひとつです。

今回は西山さんから、「ピアノを習い始めた」というトークが飛び出しました。以前に番組内で「始めたいこと」として挙げていたものの、西山さんの多忙ぶりを知っているだけに土師さんも「そんな時間どこにあるの!?」と驚きの反応を示します。

話によれば、時間に融通の利く、個人の教室で、2月の初めぐらいから通っているとのことでした。いつでも弾けるようにと、電子ピアノの購入もしたのだとか。その意気込みに米内さんも「すばらしい!」と感嘆の声を上げました。

西山さんはピアノの魅力として、ほかの楽器もそうだと思うと前置きしたうえで「周りを忘れられる、まっすぐ向き合える」「集中力がすごくつく」などの点を挙げていました。ピアノと向き合うときが、いまとても大切な時間のようです。何かを始めたい人に勧めたくなるトークでした。
 

『優木かな KANANOTE on the radio』
パーソナリティー:優木かな
配信元:ニコニコチャンネル
配信日:4月22日(日)

こちらは優木かなさんがパーソナリティーを担当。日曜21時に配信される、優木さんがリスナーとともに1週間を振り返る「ブログのような」ラジオ番組となっています。

今回は本人やリスナーのニュースを読み上げる「ニュース・ピックアップ!」のコーナーにて、「優木かな氏、『ウマ娘 プリティーダービー』を観て泣く」というトピックが紹介されました。実在の競走馬をモデルにした女子キャラクターが登場し、自身もスーパークリーク役で参加している同コンテンツのアニメに感動したようで、「ウマ、尊い!」「ハルウララちゃん、かわいい」と絶賛。

優木さんも競走馬について調べているようで、「こんな細かいところまで再現するのか……」と、モデルとなったウマやレースと、アニメとのリンクに感心したようです。アニメのネタバレにもなるので詳細は控えますが、伝説的な競走馬のウマ娘の、あるセリフを聴いた瞬間には感極まったそう。

あまり競走馬について知らない人でも、この作品をきっかけにモデルのウマについて調べるのもおもしろいのではないかと、優木さんふうの楽しみ方を説いていました。実際に、どの競走馬にもドラマがありますからね。
 

今回は以上の2番組を紹介させていただきました。競走馬といえば、いまは「春のG1レース」のシーズン真っ最中。「新たな趣味を見つけたい」という人は競馬場に足を運び、熱気を味わうのもいいでしょう!

関連サイト