前野智昭が吹き替え! 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』、6月29日公開

前野智昭が若き日の“ハン・ソロ”の吹き替えキャストとして出演する、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が6月29日に公開されるぞ。また360度みることができるスペシャル映像も公開された。

全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。シリーズでも圧倒的な人気を誇るキャラクターの1人“ハン・ソロ”の“知られざる若き日”を描く「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日(金)公開)。

このたび若きハン・ソロの日本版声優に超人気声優・前野智昭が決定! さらにハン・ソロとランドがミレニアム・ファルコンを賭けて、ポーカーゲームに挑む日本語版スペシャル映像も到着した。
元々ランドが持っていたミレニアム・ファルコンをハン・ソロが手にするはずの緊迫の勝負シーンは必見だ。

若きハン・ソロには、『弱虫ペダル』の福富寿一や『図書館戦争』の堂上篤、『KING OF PRISM』の速水ヒロから『アメイジング・スパイダーマン』のピーター・パーカーなどアニメから実写の吹替までこなし、人気も実力も兼ね備えた人気声優の前野智昭。
「偉大なキャラクターの若き日を描いた作品ですので、オーディションの結果を聞いた時はとても嬉しかったです。しかし大きなプレッシャーも感じています。」と喜びと大きなプレッシャーを明かす前野は「日本語版を担当させていただけるのはとても光栄です。多くの方があのテーマ曲やダース・ベイダーなどのキャラクターの名前は一度は耳にした事があると思いますし、後世の作品に多大な影響を及ぼした、とてつもない大きなシリーズです。吹き替えを担当させていただくにあたり、過去作を改めて拝見しましたが、やはり惹かれるものがたくさんありました。」と意気込みを語っている。さらにハン・ソロの幼なじみで謎の美女キーラには山根舞、悪名高きギャンブラーのランド・カルリジアンは綱島郷太郎、女性型ドロイドL3-37 には浅野まゆみ、ハン・ソロの師匠ベケットにはふくまつ進紗、犯罪組織を率いるギャングのドライデン・ヴォスには土田大らが抜擢され、声優界でも屈指の演技力を持つ実力派が大集結した。

★イケボ前野が若きハン・ソロを熱演! 日本語版360度スペシャル映像が公開!
公開されたのは、ハン・ソロがランドにファルコンを賭け、銀河では誰もが夢中になってしまうゲーム“サバック”に挑むシーン。
実は元々、ハン・ソロの愛機として知られるミレニアム・ファルコンは、悪名高きランドが持っていたもの。しかし「エピソード4」ではハン・ソロの手に渡っており、どうやってハン・ソロがファルコンを手に入れることになるのか?その過去が明かされるシーンとなっている。

皮肉屋で勝気なハン・ソロは、ランドのスカーフを小馬鹿にしながらも、“今日はきっと俺ツイてる”と強運を武器にランドに挑む。ギャンブラー魂に火が付いたランドが、高額のコインだけではなく船=ファルコンを賭けると宣言すると、周りにいる大勢のクリーチャーたちからどよめきが起こる。
一歩も譲らない“2人の悪党”同士の対決は、緊迫感に溢れハラハラドキドキの展開が待ち受けている様子。皮肉っぽいユーモアに溢れた若きハン・ソロとランドとの絶妙な掛け合いは、ファンでなくても必見のシーンだろう。そして今回の映像は、360度回転して見ることができる特別仕様。
ランドの向かいには、カードを構えているハン・ソロの姿を見ることができ、どちらの視点からも、何度も楽しむことができる映像となっている。

▼吹替版360度スペシャル映像
・公式YouTubeリンク

「エピソード6」では、ランドはレイア率いる反乱軍に入り、ジャバ・ザ・ハットに捕えられたハン・ソロを助け熱い友情で結ばれる2人。そしてダース・ベイダー率いる帝国軍の巨大兵器の第2デス・スターを破壊することになるが、それよりもかなり昔の2人の若き姿は注目が集まるだろう。
アクション、スリル、バトル、ロマンスなどエンターテイメントの全てが詰まった新たなSW 伝説が今、幕を開ける!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日(金)より公開。

監督:ロン・ハワード 製作:キャスリーン・ケネディ 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
出演:オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)/ウディ・ハレルソン(ベケット)/エミリア・クラーク(キーラ)/ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)/ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)

関連サイト