【アニメフォーカス第130回】『はたらく細胞』の井上喜久子さんと『アンゴルモア元寇合戦記』の小山力也さんにフォーカス!

みなさま、こんばんは。いよいよ7月も最後の更新になりました! 夏はまだまだ、これからが本番。いっぱい楽しみましょう。さて今回は、戦う(?)アニメ2作品から、井上喜久子さんと小山力也さんにフォーカス!
 

◆井上喜久子さん(『はたらく細胞』マクロファージ役)

まずは、『はたらく細胞』でマクロファージを演じる井上喜久子さん。永遠の17歳、私にとっては憧れのお姉さまです。最近だと、春アニメ『多田くんは恋をしない』のレイチェル、現在放送中の『悪偶』李純貞などをご好演ですが、私は『うみねこのなく頃に』のワルギリアが大好きです。『はたらく細胞』で演じるのは、細菌などの異物を捕まえて抗原・免疫情報を見つけ出す細胞・マクロファージ。「こちらマクロファージです。体内にB型のインフルエンザウイルスが侵入しているようですわ」清楚で可憐なお嬢様にしか見えないマクロファージですが、巨大なナタを軽々と振り回す強い人(?)。井上さんの透き通った声がまたぴったりです。
余談ですが、連日の酷暑を受け、原作漫画の第6話「熱中症」が特別無料公開されています。どうぞみなさまも熱中症にはお気をつけて!


 

◆小山力也さん(『アンゴルモア元寇合戦記』鬼剛丸役)

つづいては、『アンゴルモア元寇合戦記』で鬼剛丸を演じる小山力也さん。渋くてとってもすてきな小山さんですが、今期2018年夏は特に大活躍で、『プラネット・ウィズ』先生、『ちおちゃんの通学路』安藤繭太、『バキ』烈海王、『中間管理録トネガワ』権田などなど、実に様々な役を演じていらっしゃいます。『名探偵コナン』の2代目毛利小五郎もかっこいいですよね。鬼剛丸は、武骨な元海賊。まるで鬼のように金棒を振り回します。「海賊が山登りゃ道に迷うに決まってるぜ」圧倒的不利な状況の中、同じく対馬に流された朽井迅三郎らを筆頭に蒙古軍と戦う歴史物語。今後の展開も楽しみです。

 

■見逃してしまった方は、WEB配信をチェック!

『はたらく細胞』は、
dアニメストア
ニコニコチャンネル
ほか、公式サイトで配信情報が公開されています。
 

『アンゴルモア元寇合戦記』は、
Amazonプライム・ビデオ
ニコニコチャンネル
ほか、公式サイトで配信情報が公開されています。
 

dlite_logo
先週末・2018年7月21日(土)&22日(日)は小野さんのライブツアー「DREAM Journey」高知凱旋公演でしたね。私も両日参加してまいりました。小野さんの故郷、佐川町にも行ってきましたよ。残念ながら1日10食の限定カフェメニューは売り切れでしたが、小野さんのボイスガイドを聞きながら町をめぐってみたりして、とっても楽しかったです。残すは来月、東京公演! 初めての会場で迎える千秋楽、とっても楽しみです。

関連サイト