上西哲平、蒼井翔太が登壇! 『3D彼女』アニメファンミーティング舞台挨拶オフィシャルレポート

上西哲平、蒼井翔太が登壇し、8月28日(火)イオンシネマ シアタス調布にて映画『3D彼女 リアルガール』公開(9/14)を記念して、『3D彼女』アニメファンミーティングが開催された。そのレポートが到着。

原作コミックが電子含め累計145万部を突破し、2018年の実写映画化とTVアニメ化が決定され話題沸騰中の『3D彼女 リアルガール』。本作は、二次元にしか興味のない超絶オタク・筒井光と、学校一の超絶美少女・五十嵐色葉の恋模様を描いた学園ラブコメディー。8月28日(火)イオンシネマ シアタス調布にて、映画『3D彼女 リアルガール』公開(9/14)を記念して、『3D彼女』アニメファンミーティングが開催され、舞台挨拶に声優の上西哲平(アニメ版:筒井光役)、蒼井翔太(アニメ版:伊東悠人役)が登壇した。

アニメ『3D彼女』はご自身にとってどんな作品になったか、さっそく質問に入ると蒼井は

『これまで、純愛系の作品にあまり出演したことがあまりなかったので、毎回アフレコで声を演じながら、キャラクターたちの物語にキュンキュン、ドキドキしたり、時には苦しかったり感じていたので、とても新鮮でした』と語った。対して今作で初主演を果たした上西は、『僕にとって、この作品は全てが初めてでした。イベントもそうですし、アフレコでの収録も含めて、試行錯誤しながらやらせてもらっていたので、そこが恋愛をしたことがなくて、五十嵐色葉っていう女の子に近づいていく筒井光にすごく近いものがあるなとも思っていました。アフレコも、蒼井さんや寺島さん、芹澤さんや色んな方たちに助けてもらいながらやっていたので、筒井の生きざまに共感しながら取り組められて、早く第2シーズンもやりたいという気持ちですね』とさっそく2期へ気持ちが乗っていた。そのコメントを受けて蒼井は『(上西が)筒井の二人三脚で取り組んでいましたけど、アフレコの時に音響監督と「こうじゃないね。もっとこうしてもようか」納得がいくまでアフレコを(上西が)していたので、それを後ろから見ていて、やっぱりこうやって作っていくのがいいよなって、また改めて勉強になりました』と振り返った。

アニメ以外の部分でキャストとの交友関係の話に移ると、

蒼井は『オンラインゲームを哲平(上西)とたまにやったりしています笑』と明かした。『会話しながら、いわゆる音声チャットと言われる機能で、お互い会話しながらやっています』と蒼井が話すと、上西は『筒井と伊東みたいな関係ですよね笑』と今作での共演がきっかけでプライベートでの交流があることを明かした。イベント前日には、上西が蒼井に電話をかけていたことが判明すると、『いま大丈夫ですか?って連絡が来たので、込み入った話かと思っていたら、明日のイベントどうぞ宜しくお願いしますって言うので、かわいいやつだな笑って思いました』と蒼井は話す。上西は『お忙しいのに電話に出てくださって、でもちょっと緊張しました笑』と打ち明けた。

2019年1月から第2シーズンの放送が始まることについて、意気込みを聞かれると、

『第1シーズンでは伊東が綾戸さんのことを好きになったところまで描かれているんですけど、原作を読んでいると第2シーズンの始まりが少し恐いです苦笑。原作を読んでいる方はご存じだと思うんですけど、あのエピソードが描かれるんじゃないかと…。ただそのシーンが描かれるどうか別として、今まで以上に、全身全霊をもって伊東悠人を1期以上に愛をもって演じられたらなと思っています』と蒼井が話すと、上西は『第1シーズンでは、右も左もわからない中で、アップアップしながらやっていたところがあったんですけど、第2シーズンは1期を通して筒井光を掴んできましたし、他の現場も少しずつ出させて頂いたりしていたので、経験を積んで、筒井そして「3D彼女 リアルガール」という作品を、よりいい形で皆様に届けられると思います。今持てる僕のすべてを筒井光に注ぎ込みますので、期待して見て頂けると有難いです』
と思いを語った。

そして、中条あやみ(映画版;五十嵐色葉役)と佐野勇斗(映画版:筒井光役)共演による実写映画版『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)について話題が移ると、

一部本編映像を一足早く鑑賞したお二人は、『伊東役のゆうたろうさん、すっごく可愛かったです。猫耳はアニメだと肌色っぽくなっているんですけど、映画だと黒くなっていたり、実際に学校でこういう子がいたら、すごく人気が出そうだな、可愛がられそうだなって思いました。アニメではない伊東悠人を、頑張って表現して下さっていて、早く映画を観たいなって思いましたね』と蒼井が話すと、隣で強く頷く上西は『僕も実はアニメの演技にあたって、映画版の筒井を佐野さんが演じている映像が先に特報で公開されていたので、少し参考にしながらアフレコに臨んでいました』とエピソードを明かした。続けて上西は『映画版の筒井の方が、早口であったり、もっとコミュ障っぽい喋り方だったり、そういった違いはあると思うんですけど、でもやっぱりこれも筒井だなって思いました。自分と違う筒井光を、一視聴者として、映画をとても楽しみにしているので公開したら早く観たいです』と映画への楽しみを滲ませた。

イベントも終盤に差し掛かり、最後にメッセージを求められると、

蒼井『実写映画が公開に向けて動き出している裏で、僕たちは第2シーズンに向けてのアフレコがスタート致します。映画を観ながら、2期がどうなっていくのか、楽しみにして頂けたらなと思います。また僕たちも映画版の応援をできればと思っておりますので、これからも「3D彼女 リアルガール」を応援宜しくお願いします。短い時間でしたが楽しかったです。本日はありがとうございました』
上西『第2シーズンのアフレコがまもなく始まるんですけど、今まで培ってきたすべてを筒井光にぶつけたいと思います。筒井光と色葉の恋がどうなっていくのか、また伊東と綾戸さん、そして高梨と石野さん、第2シーズンで物語が大きく動いていくので、実写映画と合わせて楽しんで頂きたいです。本日は誠にありがとうございました』
と二人のコメントでイベントは締めくくった。

アニメ『3D彼女 リアルガール』2019年1月より日本テレビAnichU枠にて放送予定!
映画『3D彼女 リアルガール』9月14日(金)全国ロードショー!