山下大輝と岡本信彦のスペシャル対談! 『僕のヒーローアカデミア』明日放送の超注目回アフレコ直後のインタビューが到着

山下大輝演じる緑谷出久(デク)と岡本信彦演じる爆豪勝己が再び激突する『僕のヒーローアカデミア』第61話「デクvsかっちゃん2」が明日放送されるが、その注目回のアフレコ直後に敢行したスペシャル対談インタビューが到着したぞ。早速紹介しよう。

シリーズ累計発行部数1700万部を突破!「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の、堀越耕平氏による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』。この通称“ヒロアカ”を原作とするTVアニメの新シリーズ第3期が、毎週土曜夕方5:30から読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットで放送中!さらに、現在公開中のオリジナル劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』も大ヒットを記録しており、。2018年はまさに“ヒロアカイヤー”として展開中です。

明日9月15日(土)にTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第61話「デクvsかっちゃん2」が放送されます。前話のラストシーンで、緑谷出久(デク)の“個性”がNo.1ヒーローのオールマイトから与えられたものだと知った爆豪勝己が、深夜にデクを呼び出して「自分と戦え」と告げました。それを受けての今回の放送では、第1期でも激突したデクと爆豪の戦いが再び繰り広げられます。TVアニメ3期制作が発表された際も原作ファンから映像化への期待が特に大きかった人気のエピソードとなります。本作のキャラクターデザインを手掛ける馬越嘉彦氏が自ら作画監督を担当し、2人が目まぐるしく動き回る大興奮必至のバトルアクションシーンと共に、デクと爆豪の2人の心のぶつかり合い、それぞれの葛藤も色濃く描かれ、『僕のヒーローアカデミア』という作品の中でも、大きな意味を持つ超注目回です。

そして、明日の放送に向けて、本編で激しくぶつかり合う2人、緑谷出久(デク)と爆豪勝己を演じる声優の山下大輝さんと岡本信彦さんによる対談インタビューが到着!対談はこの回のアフレコ直後に実施。アフレコ現場は2人の空間が自然と作られ、熱のこもった演技が展開された収録になり、その中での秘話が語られました。

『僕のヒーローアカデミア』は、“個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々の存在が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久、通称“デク”が、社会を守り、個性を悪用する犯罪者“敵<ヴィラン>”に立ち向かう“ヒーロー”になるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校で仲間たちと共に成長する物語が展開する、「友情・勝利・努力」をまっすぐに突き進むジャンプ王道ヒーローアクション。TVアニメ新シリーズ第3期は、読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて毎週土曜夕方5:30放送中(※一部地域を除く)。初のオリジナル劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』は8月3日(金)より全国東宝系にて大ヒット公開中。

アフレコ直後に敢行した山下大輝(デク役)×岡本信彦(爆豪勝己役)スペシャル対談インタビューが到着!

―おつかれさまでした!「デクvsかっちゃん2」の収録はいかがでしたか?

岡本信彦(以下岡本)「まず、スタジオに入った瞬間から空気が違う感じがして。座席には前の列に僕らしか座ってなくて、どこか2人だけの空間が自然と作られていて、僕も「やってやるぞ」感がいつも以上にありました。」

山下大輝(以下山下)「僕もです!「今日は信彦さんと2人でやるんだ!」という気持ちが強かったですね。」

―今回放送される第61話は、第1期の第7話以来となるデクと爆豪の1対1のガチバトル回です。前回と比べていかがでしたか?

山下「全力しか出せなかったあの時からデクはすごく成長しているし、同じキャラを演じているんだけど、心構えから全然違います。あと、今回のお話はどちらかというとかっちゃんの方が追い詰められている状態だったというか…。」

岡本「そうだね。そして、僕たちはテストの時にまず「絶対に勝ってやる!」という全開の気持ちでぶつかったんです。2人で特に話し合ったわけではなかったんですけど。」

山下「そうそう、シンクロしていましたね。そうしたら…。」

岡本「音響監督さんから、「もしかして2人とも、オールマイトとオール・フォー・ワンの戦いを見て、あれを目指そうとしてない?」って言われたんです。ぶっちゃけ言うとそのとおりだったんです。」

山下「100%同士のぶつかり合い、意地の張り合いなんだ!と収録に臨んだんですが、それは違うと。2人で間違えました(苦笑)。」

岡本「「爆豪にとってデクを介した自問自答なんだよ」という演出をいただきました。かっちゃんは、これまではいつも人に向かって言葉を投げるんです。今回もデクに答えがあると思っているからぶつけていると僕は思っていたんですけど、そうではなくて。これまでのかっちゃんが見せたことのない、「自分を痛めつける姿」を演じないといけない。これがすごく難しかったです。」

―一方のデクも、そんな爆豪を見るのは初めてだったと思いますが?

山下「そうですね。これまでデクを演じてきてたくさんかっちゃんと相対してきましたが、あんなに落ち着いた声で話されることはありませんでした。最初は、デクはこの会話を早く終わらせたいという思いで、そこからバトルが進んでいくにつれて「絶対に負けない!」という熱い気持ちになる、と思っていたんですが、ずっと「(爆豪を)どうにかしないといけない」という気持ちがあると演出をいただきました。」

―爆豪の心を救わないといけない、というところでしょうか?

山下「はい。「僕がなんとかしなくちゃいけない!」という感じですね。デクの根底はやっぱり「余計なお世話」=「ヒーローの本質」なんだなと再確認しました。でも、今回は本当に「かっちゃん回」でしたね。」

―「かっちゃん回」?

山下「かっちゃんの苦悩だったり葛藤だったりが本当に色濃くて。デクは、いま順調な時期だと思うんです。新しいスタイルも見つけて、仮免も取って、軌道に乗っている。それをかっちゃんも見ていますから。」

岡本「デクに怒りをぶつけてもどうにもならないことは自分でもわかってるんです。でも他にどうしたらいいかわからない。それを自分にぶつけるんだけど、答えがわからない。その中で“何か”をぶつける対象がデクしかいない。ずっと「なぜ…!」しかないのって、すごく辛いと思います。演じていても辛かったです(苦笑)。」

―その問いとバトルのきっかけがオールマイトでした。

岡本「オールマイトはかっちゃんの一番の憧れ。だからオールマイトが自分じゃなくてデクに“個性”を継がせたことにも「なぜ…」がある。雄英に入ってからも、一番認めてもらいたい存在がオールマイトなんだけど、まずデクがいる。この戦いも、結末は言えませんが、勝っても負けても「何で自分じゃないんだ?」という葛藤が消えないと思うんです。」

山下「今回の収録で、かっちゃんもすごく等身大の少年なんだと思いました。いままでの「勝って勝って勝ち続ける」という信念も、内では本当に必死に頑張ってたんだ、って。かっちゃんという人間がより分かった気がしました。」

―最後にオンエアを楽しみにしているファン・視聴者の皆さまにメッセージをお願いします。

山下「僕自身、原作を読んでいてすごく熱くなるエピソードでした。その原作の熱さだったり、2人の気持ちだったり葛藤だったりが、アニメになるとより生々しく痛烈に伝わるんじゃないかと思います。ぜひ2人のぶつかり合い、見届けてください!」

岡本「「爆豪勝己:オリジン」の時も哀しく辛いシーンがあったんですが、今回はそれ以上にかっちゃんが苦しそうな姿を見せます。熱いバトル描写はもちろんですが、その中にある本人たちの葛藤を、さらに「PLUS ULTRA<プルスウルトラ>」する姿を、ぜひ見てもらえると嬉しいなと思います。」

―ありがとうございました!

<この対談インタビューのフルバージョンを、アニメヒロアカ公式サイトに掲載!>
http://heroaca.com/special/castinterview.html

9月15日(土)放送『僕のヒーローアカデミア』第61話「デクvsかっちゃん2」先行場面カットが到着!