中山麻聖、朴璐美、田中敦子らが登壇! 劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』初日舞台挨拶レポート

中山麻聖、朴璐美、田中敦子、東啓介、西村聡監督らが登壇した、劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』の初日舞台挨拶が10月6日に開催された。レポートが到着したぞ。

桂正和×小林靖子 実力派クリエイター陣が放つ、哀しくも美しい復讐劇「薄墨桜 -GARO-」。
公開初日となる10月6日(土)に新宿バルト9にて、中山麻聖(雷吼役)、朴路美(星明役)、田中敦子(明羅役)、東啓介(時丸役)、西村聡(監督)登壇による初日舞台挨拶が行われました。

■劇場アニメ「薄墨桜 -GARO-」初日舞台挨拶イベントレポート
10月6日(土)から全国公開となった劇場版『薄墨桜 -GARO-』の初日舞台挨拶が、新宿バルト9で行われた。
登壇したのは司会のほか、中山麻聖(雷吼役)、朴璐美(星明役)、田中敦子(明羅役)、東啓介(時丸役)、そして西村聡監督の5人。
上映後の挨拶だったため、監督が「いかがだったでしょうか?」と問いかけると、観客は大きな拍手で応えていた。

本作は、15年に放送されたテレビアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」に続き、平安時代を舞台した作品。そのテレビシリーズ時からの付き合いとなる中山と朴が息の合ったやり取りで、会場を盛り上げていく。
この作品で声優に初めて挑戦したという新キャラクター時丸を演じた東。アフレコのエピソードとして、「一人での収録だったのに大半が叫んでいた」という話をすると、それを聞き逃すはずのない朴が「今、ちょっとやってみない?」と、ごくごく自然に無茶振りをする。だが、それに応えての東の叫びも、ものすごい迫力だった。
監督も「東くんは4~5秒叫び続けられる、ものすごい肺活量の持ち主」と絶賛。それを聞いて、今度は朴が中山に叫ばせるという、さらなる無茶振りに発展。それに中山がしっかりと応えるなど、この作品のチームの雰囲気の良さが伝わってきた。

また、本作でもかなり重要な人物である、新キャラクターの明羅を演じた田中は、アフレコするにあたり、自身の中で明羅像を準備して臨んだが、現場で堀内賢雄が演じる藤原道長の声を聞いて、明羅としての感情が引き出されたとのことで「賢雄さんに感謝しています」と語っていた。

2人でアフレコ収録をしたという中山と朴は、お互いが自身のキャラクターに似ているという話になり、朴が「天然なところが雷吼に似ている」と言えば、中山は「ドSなところが星明にそっくり」と反撃、まるでキャラクターそのままのようなやり取りが展開されていた。

最後は登壇者からひと言ずつ、ファンの皆さんへメッセージが送られ、初日の舞台挨拶を締めくくる。
「この作品を見て、人の念、兄弟愛、あらためて考えることが多かったです。こんなにいい作品に出会えて感謝だと思います。『牙狼-GARO-』シリーズであったり、何かの作品でまたチャレンジしたいです。今後も『牙狼-GARO-』を愛していただければと思います」(東啓介)

「私自身、参加させていただいたことが光栄ですし幸せです。何度も劇場に足を運んでいただいて、違った視点で何度も鑑賞していただけると嬉しいです」(田中敦子)

「人の業というのは恐ろしい、火羅(ホラー)に堕ちてはいけないというのは常日頃感じております。『紅蓮ノ月』から来た『薄墨桜』は平安を舞台にしていて、『牙狼-GARO-』と日本の和がこんなにマッチするんだなと感じました。皆さんも来年の春、桜が咲く頃にこの作品のDVDを見ていただけたらと思います(笑)」(朴璐美)

「僕の大好きな『牙狼-GARO-』が劇場になったのは、こうやって皆さんが応援してくれているからこそです。本来なら皆さんに感想を聞いて回りたいくらいですが、その時間もないので、SNSやお手紙などに感想をいただければ目を通させていただきます! 毎週ドラマCDも配布されますので、その都度、足を運んでいただければと思います」(中山麻聖)

「映像そのものはかなり前に完成していて、やっとこの日が来たということで感無量です。みなさんからも拍手もいただきましたが、まだたくさんの方に見てもらいたいと思います。ぜひSNSとかでツィートなどをしていただけると助かります。今日は皆さん来ていただきありがとうございました!」(西村聡監督)