【声優さんに会いたくて 第2回】関智一さん、岩崎諒太さんに会いたくて!

こんにちは!先日ハシビロコウのガチャガチャを見つけて大興奮したライターのハシビロコです。
突然ですが、みなさんは声優さんの出ている舞台を見に行ったことはありますか?
実は声優さんの中には、自分で劇団を主宰している方や、舞台上で活躍している方もいるんです。

今回飛んでいったのは関智一さん主宰の劇団ヘロヘロQカムパニー例外公演neun『電波ヒーロー~夢みるチカラ~』。台風が近づく中、TACCS1179という小劇場まで飛んでいきました。
 
今回は例外公演ということで、出演者は若手が中心。関さんの弟子である岩崎諒太さんがメインキャラクターの一人を演じます。日替わりゲストで関智一さんも登場するということで、とても楽しみにしていました。

『電波ヒーロー~夢みるチカラ~』は、劇団ヘロヘロQカムパニーの作品の中でも一番の人気作。昭和20年代の日本を舞台に、子供向けの特撮ヒーロー番組「ミラクルZ」をつくろうとする創映プロと、企画を全否定するプロデューサーとのやりとりを描いた作品です。
岩崎さん演じる創映プロの特撮監督・古澤のセリフがとにかく熱い!夢や希望を信じてひたむきに「ミラクルZ」をつくろうとする創映プロの面々がとても魅力的でした。

熱いヒューマンドラマですが、基本的にはコミカルな作品。なんと序盤では出前で届いたそばや丼を実際に食べるシーンも!昼公演ということでお腹の空いていた私は、お腹の音を必死にこらえていました。

物語の終盤で「ミラクルZ」の企画を通そうと奮起する創映プロの面々。「この先どうなっちゃうの?」と最高潮に達したところで暗転が入ります。次の場面に行くのかと思いきや、いきなりコミカルなBGMが流れ始めました。

再び舞台が明るくなると、いよいよ日替わりゲストの関さんが甚平姿で登場! 関さんが演じるのは人気デザイナーの藤田です。「ミラクルZ」を盛り上げるため、敵キャラのデザインを持ってきた、という設定で舞台に上がりました。

さっそくデザインを披露すると見せかけて、関さんのアドリブがさく裂します。
弟子である岩崎さんの顔をまじまじと見つめ、「監督の役だけどけっこう人懐っこい顔してるね」といじり始めます。
話題はエスカレートし、ついには岩崎さんのプライベートにまで言及。「最近仕事が増えてきてお金が入ったから、おしゃれな帽子とか買ったんだって?」と関さんが質問すると、岩崎さんはたじたじに。心置きなく話せる師弟ならではの掛け合いに笑いが止まりませんでした。

ひとしきり掛け合いが続いた後、ようやく敵キャラのデザイン発表へ。関さん直筆のイラストと設定が書かれた模造紙を広げると、会場は大爆笑。3パターン用意したデザインは、ここでは言えないようなぎりぎりのネタばかりでした。

関さんの登場シーンが終わると、舞台は何事もなかったようにシリアスな場面に。あれだけコミカルなやりとりをした後、すぐにスイッチを切り替えることができるのはすごいです。
登場人物全員に見せ場があり、ラストの展開には感動。アニメとは一味違い、自分の身体全体で演じる岩崎さんの熱演にもらい泣きしてしまいました。

カーテンコールでは関さんが後輩たちの演技を絶賛し。岩崎さんをはじめとする若手と関さんとの信頼関係が伝わってきました。
その後の物販の紹介ではパンフレットなどを宣伝します。台風が近づいていたため、「見る用・保存用・雨でぬれたところを拭く用の3つ買うといいよ」と関さんが言っていたのには笑いました。
ちなみに公演が行われた9月30日は、台風の影響で20時からJRの運休が決まった日。関さんの口からそのニュースが知らされ、会場がどよめく場面もありました。

そんなわけで劇団ヘロヘロQカムパニー例外公演neun『電波ヒーロー~夢みるチカラ~』じーっと見させていただきました!劇団ヘロヘロQカムパニーは2019年2月にも公演があるそうで、今から楽しみです。次は誰に会いに飛んでいこうかな?

劇団ヘロヘロQカムパニー 例外公演neun
電波ヒーロー~夢みるチカラ~
原作:須甲和彦
脚色・演出:小野真一

【キャスト】
飯田誠規
岩崎諒太
加藤杏奈
久保梨瑛
正野大輔
大石達也
小林慎之介
相原美沙
大村 彩
櫻井 殊
稲垣裕希絵
井上舞香
光部 樹
藤本由布菜

【日替わりゲスト】
関 智一/長沢美樹/那珂村たかこ/置鮎龍太郎

【スタッフ】
舞台監督:和方正樹
照明プラン:斉藤 喜和(株式会社 Dort)
照明オペレーター:本田純也(株式会社 Dort)
音響:川上清美(orange coyoute)
舞台美術:福田暢秀(F.A.T STUDIO)

【日程】
2018年9月27日(木)~30日(日)全7ステージ

9月
27日(木)19時~(Aチーム・ゲスト長沢)
28日(金)14時~(Bチーム・ゲスト那珂村)/19時~(Aチーム・那珂村)
29日(土)14時~(Aチーム・置鮎)/19時~(Bチーム・置鮎)
30日(日)12時~(Bチーム・関)/17時~(Aチーム・関)

【チケット】
前売・当日:¥3,500(全席指定)
2018年9月1(土)10時ヘロQショップにて発売予定
アドレス:http://heroq.ocnk.net/

【劇場】
TACCS1179
住所:〒161-0034
東京都新宿区上落合1-17-9
TEL:03-3950-5705
西武新宿線下落合駅下車徒歩2分

【あらすじ】
昭和20年代、当時の娯楽は映画全盛期。そこにテレビが生まれた。
優れた特撮技術を持っている創映プロに「子供達に見せる現代劇」と言うコンセプトでテレビ番組制作の依頼が舞い込んだ。
創映プロが企画したのが、夢と希望に溢れた日本初の特撮ヒーロー物語!
しかし企画に難色どころか全面改定を言い放つプロデューサーが立ちはだかる。
特撮ヒーロー物を実現する為に熱い戦いが繰り広げられる。
創映プロの面々は子供達に夢と希望を届けるヒーローを電波に乗せることが出来るのか?
劇団創世記から最も時間をかけ育て上げたヘロヘロQカムパニーの代表作が若手によって演じられ多くの想いが受け継がれていく。
作品が若者達によって更に大きく育って行く空間は、まさに夢と希望に満ち溢れている。
ヘロQファン必見!新しい歴史が今、幕を開く!