【ラジオフック第86回】水瀬いのりさんがヒャダインさんに語った憧れのアイドルとは?/上西哲平さんが蒼井翔太さんを情熱的に「他己紹介」

思い入れのある曲や歌手の話。自らのラジオ番組で語られることも多いですが、ゲスト出演した番組で掘り下げられることも間々あります。今回はまず、ある声優さんの音楽の思い出を聴くことのできた番組からご紹介。

『ヒャダインの“ガルポプ!”』
パーソナリティー:ヒャダイン、南波一海(コーナーレギュラー)
ゲスト:水瀬いのり
配信元:NHK-FM
配信日:10月27日(土)

ミュージシャン、音楽プロデューサーなど幅広く活躍するヒャダインさんが、ゲストとともにアイドルグループやガールズポップについて語る番組。アイドルライターの南波一海さんが全国を回って手にしたアイドルのレア音源を紹介するコーナーもあり。今回は声優の水瀬いのりさんがゲストに登場しました。

じつは初対面だったヒャダインさん。水瀬さんのデビューが2010年で、芸歴が8年を超えていることを聴くと、「“姉さん”クラスじゃないですか!」と驚いていました。しかし水瀬さん自身は「初々しさを感じない、と言われる」「年齢(今年で23歳)相応に見られたい……」と苦悩も告白。ヒャダインさんに「同世代は『ウェーイ!』な方が多いですもんね」と言われ、「『ウェーイ』をかじってみたい」とも語っていました。

番組のテーマにもなっている 音楽に関する話題では、幼いころにSPEEDやモーニング娘。や鈴木亜美さんを見て、(なりたいわけではないけど)踊れる人に憧れていたと語る水瀬さん。踊れて衣装もフリフリではない、新しいアイドル像に惹かれたといいます。それが2歳ぐらいのことだと話すと、その記憶力にヒャダインさんも驚いた様子を見せます。

声優を志すきっかけになったアニメ『犬夜叉』のOPであるEvery Little Thingの「Grip!」、レギュラー作品がない時期に励まされたという水樹奈々さんの「Level Hi!」など、水瀬さんのエピソードとともに、思い入れのある曲が紹介されていました。アニメ、音楽どちらのトークでも広げられるヒャダインさんもさすがで、今後も声優さんとのゲストトークを聴いてみたいと感じさせる放送でした。
 

『3D彼女放送局』
パーソナリティー:芹澤優、上西哲平
ゲスト:蒼井翔太
配信元:VAP Official Ch.
配信日:10月23日(火)

こちらは4月から6月まで第1シーズンが放送、2019年1月から第2シーズンが始まる予定のアニメ『3D彼女 リアルガール』のラジオ番組。パーソナリティーは芹澤優さん(五十嵐色葉役)と上西哲平さん(筒井光役)で、今回は蒼井翔太さん(伊東悠人役)がゲストに登場しました。

番組ではゲストについて「他己紹介(パーソナリティーがゲストについて紹介)」することが恒例になっています。まず芹澤さんが、所属ユニット・i☆Risの出るイベントで初めて蒼井さんに会ったこと、そのときからオーラがすごかったことなどを語ってくれました。派手な衣装も印象的で、姿が見えなくてもオーラを感じるほどだったそう。

続いて上西さんの番になると、「もう語りつくせない!」と意気揚々として蒼井さんの紹介を始めます。『3D彼女 リアルガール』に関することでいうと、共演を通じて、ファッションについて教えてもらったといいます。蒼井さんからオススメの洋服店を聴き、さっそく購入。報告したら気さくに返事してもらえたそう。「パーフェクトにプリティ、それでいてクール!」「気遣いもさすがで……」など、本当に止まらない勢いで絶賛。

自身が声優養成所に入る前から蒼井さんのTwitterを見ていた、舞台も観に行っていた、などデビュー前からいちファンだったことも明かす上西さん。いまは自身も声優になり、憧れの人に対しても「ひとりの役者同士として接していこう」と切り替えたそうですが、蒼井さんについて淀みなく語る様子は、聴いている側の胸にも来るものがありました。
 

今回の番組紹介は以上です。エピソードのあとに曲が流れると、本人の当時の心境も想像できて、「音のメディア」のよさを感じますね。